視力回復のコンタクトと処方箋

●視力回復のコンタクトと処方箋 コンタクトレンズがこの世に出て何十年と経ちました。 メガネをかけなくても視力回復ができるようになってスポーツする人にも画期的だったわけです。 もちろん、美容としても画期的で女性ではよほどコンタクトレンズが合わない人以外は使う時代になりました。 コンタクトレンズの性能も向上し、最初は驚くほど高かった値段もずいぶん安くなりました。 ソフトコンタクトレンズ、特にワンデーといわれる使い捨てが登場してから業界では価格競争が始まりました。

本当は近くを見るときは使いたくないコンタクト

●本当は近くを見るときは使いたくないコンタクト 視力回復のコンタクトで、視力を矯正すると角膜が変形することでずっと目にレンズが入った状態になります。 ただ、本当は近くを見る場合は矯正視力は不要なので外したいところです。 もちろん、角膜をプレスしてしまっているので外せません。 一般的な、近視用の矯正メガネ、矯正コンタクトレンズ、そして視力回復のコンタクトで角膜に作ったレンズは全て遠くを見るためのものです。 こういった矯正状態で近くを見ると眼が疲れてしまいます。

コンタクトで視力回復しても安定しない理由

●コンタクトで視力回復しても安定しない理由 強度の近視をレーシック手術で視力回復しても、視力が安定しない場合が多いそうです。 つまり、視力測定して0.8あった眼が数十分後には0.3まで落ちているということが頻繁にあるようです。 これは、視力回復のコンタクトレンズでも同様のことがいえるかもしれません。 理由は、明白で視力を司る脳の能力の方を全くケアしないで、屈折率だけを調整しているからなのです。 今までは、書力回復の方法が、眼のピント調整の能力を元に戻すことばかりに注

視力回復にとって紫外線は悪なのか?

●視力回復にとって紫外線は悪なのか? 紫外線というのは目に悪いといれているので視力回復にも悪そうなイメージがあります。 事実、コンタクトレンズもメガネレンズもUVカットのものが最近では当たり前です。 つまり、カットしないとまずいからカットしていると考えられます。」 事実、日焼けというのは目から始まるため、日焼け止めよりも先にサングラスが必要といいます。 目から紫外線が入るとメラニン色素がたくさん出て肌が黒くなるからです。 ただ、太陽に浴びる時間が短いと目が変形

自律神経のバランスをチェックする

●自律神経のバランスをチェックする レーシックと違って角膜を削ってしまうことはないので、視力回復のコンタクトは後戻りができます。 それでも、膨大な費用と時間がかかりますから、視力回復のコンタクトを使う前にできることはやっておきたいです。 たとえば、視力の悪化がストレスからくると考えての自律神経のバランスのチェックです。 こういった簡単なことで軽度の視力低下は改善するため、視力回復のコンタクトでも矯正度数が低く抑えられるわけです。 当然、矯正後の視力も出やすいですし、
「ロスカット」って何?